問4 2010年9月実技(資産設計)

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

    個人投資家の外国債券または外貨建てMMFへの投資に関する次の(ア)〜(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

    (ア)外国政府または外国法人が、日本国内で円貨建てで発行する債券(サムライ債)の場合にも、為替変動リスクが生じる。

    (イ)外貨建てMMFの投資対象は、外国の国債のみに限られており、その他の債券等は投資の対象外である。

    (ウ)外貨で発行された外国債券が満期償還を迎えて、円に戻した場合、購入時よりも円高である方が受取金額は大きくなる。

    (エ)外貨建てMMFの分配金は20%の源泉分離課税であり、売却時に為替差益が生じた場合は非課税となる。

ページトップへ戻る
   

問4 解答・解説

外国債券・外貨建てMMFに関する問題です。

(ア)は、×。サムライ債とは、外国の政府・法人が、日本国内で円建てで発行する債券ですが、円建ての金融商品には為替変動リスクがありません

(イ)は、×。外貨建てMMFの投資対象は、高格付けの国債・地方債・社債・コマーシャルペーパーなどで、国債に限定されていません。

(ウ)は、×。外貨建ての外国債券は、満期償還時に購入時より円高の場合、円換算での受け取り金額は少なくなり、円安の場合は大きくなります
外貨建ての金融商品には、このような為替変動リスクがあるわけです。

(エ)は、○。外貨建てMMFの分配金は20%の源泉分離課税で、売却時の為替差益は非課税です。

問3             問5
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.