第1問 2010年9月実技個人資産相談業務

第1問 問題文と資料

第1問 問題文

次の設例に基づいて,下記の各問(《問1》〜《問3》)に答えなさい。

《設 例》
子育て期に専業主婦をしていた期間を除いて共働きを続けているAさんは,会社が制度として取り入れている早期退職制度を利用して,平成23年3月末で退職しようと考えているが,退職後の社会保険からの給付等について不安を感じている。

そこで,退職した後の社会保険や企業年金の知識について,ファイナンシャル・プランナーに相談することにした。

ページトップへ戻る
   

第1問 資料

    〈Aさんおよび家族に関する資料〉
        Aさん :1955(昭和30)年8月5日生まれ 満55歳
                 :全国健康保険協会管掌健康保険,厚生年金保険に加入中である。
                 :確定拠出年金の企業型年金加入者である。
         夫B  :1952(昭和27)年11月20日生まれ 満57歳
                 :全国健康保険協会管掌健康保険,厚生年金保険に加入中である。
         子C  :1980(昭和55)年8月1日生まれ 満30歳
                 :結婚し,Aさんとは別世帯である。

    〈公的年金の加入歴(見込みを含む)〉
     

    ・Aさんの国民年金の被保険者期間は,すべて保険料納付済期間とする。
    ・Aさん,夫Bともに,厚生年金保険の被保険者期間は,すべて雇用保険の被保険者期間とする。

    ※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

目次             問1
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.