問4 2010年9月実技生保顧客資産相談業務

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

Mさんはまず,Aさんに対して,「児童手当」および「子ども手当」の概要について説明をした。MさんがAさんに対して説明した以下の文章の空欄(1)〜(4)に入る最も適切な語句または数値を,下記の〈語句群〉のA〜Kのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

@)「児童手当」
・平成21年度まで,3歳未満までの子どもを養育する父母等に対して,子ども1人につき,月額10,000円の児童手当が支給されていた。
※なお,3歳以上小学校修了までの子どもを養育する父母等に対して,子ども1人につき,月額5,000円(第1子・第2子)あるいは10,000円(第3子以降)の小学校修了前特例給付(児童手当に相当する給付)が支給されていた。
・平成22年度は,子ども手当が支給されるため,原則として児童手当は支給されない。
・児童手当の支給は,その支給にあたり,扶養親族の数等に応じた所得制限が設けられている。
・支給を受けた児童手当は,( 1 )の対象となる。

A)「子ども手当」
・平成22年度より,( 2 )までの子どもを養育する父母等に対して,子ども1人につき,月額( 3 )円(平成22年度)の子ども手当が支給される。
・子ども手当の支給を受けるためには,原則として住所地の市区町村への申請手続が必要となる。
・平成22年3月31日現在において,児童手当を受給していた者は,新たな申請手続を行わなくとも,子ども手当の支給を受けることができる。ただし,児童手当を受給していた者で,新たに子ども手当の対象となる子どもがいる場合は,「子ども手当額改定認定請求書」の提出が必要となる。
・子ども手当の支給は,その支給にあたり,扶養親族の数等に応じた所得制限が設けられて( 4 )
・支給を受けた子ども手当は,( 1 )の対象となる。

〈語句群〉
A.10,000    B.13,000     C.26,000    D.一時所得として総合課税
E.雑所得として総合課税     F.非課税所得   G.小学校修了
H.中学校修了    I.高等学校修了   J.いる    K.いない

ページトップへ戻る
   

問4 解答・解説

    児童手当と子ども手当の違いに関する問題です。
    ●「児童手当」と「子ども手当」の違い
     支給対象:児童手当……小学校修了までの子どものいる親
             子ども手当…中学校修了までの子どものいる親
       支給額 :児童手当……子ども1人当り3歳未満月額10,000円、3歳以上月額5,000円
                                         (第3子以降は月額10,000円)
                   子ども手当…子ども1人当り月額13,000円(平成22年度額)
        所得制限:児童手当……有り
                      子ども手当… 無し
        課税関係:いずれも非課税

    従って正解は、(1) F.非課税所得、 (2) H.中学校修了、 (3) B.13,000、 (4) K.いない

第2問             問5
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.