問51 2010年9月学科

問51 問題文と解答・解説

問51 問題文択一問題

    贈与契約の民法上の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.書面による贈与においては、法定の書式に従って、公正証書により作成した場合に限りその効力が生じる。

    2.贈与者は、贈与の目的物に瑕疵があることを知らなかった場合は、受贈者に対しその瑕疵についての責任を負わない。

    3.負担付贈与が行われ、受贈者がその負担に相当する債務を履行しない場合は、贈与者は贈与契約を解除することができる。

    4.死因贈与においては、当事者同士が書面で合意していても、贈与者の死亡前であれば贈与契約の効力は生じない。

ページトップへ戻る
   

問51 解答・解説

贈与契約に関する問題です。

1.は、不適切。書面による贈与契約の場合、書面に贈与の意思が示されていれば、公正証書でなくても効力が生じます。
なお、贈与契約は口頭でも当事者同士が合意していれば、成立します。

2.は、適切。贈与者は、贈与する目的物に瑕疵があることを知らなかった場合(欠陥住宅など)、受贈者に対し責任を負う必要はありません

3.は、適切。負担付贈与とは、受贈者に一定の債務を負担させることを条件にした贈与ですが、受贈者が債務を履行しない場合、贈与者は負担付贈与契約を解除できます。

4.は、適切。死因贈与とは、贈与者の死亡により効力が発生(「私が死んだら●●をあげるよ」)する贈与ですが、当事者同士が書面で合意していても、贈与者の死亡前であれば死因贈与契約の効力は生じません
 「死んだらあげる」という契約ですから、死ぬ前に効力が生じないのは当たり前ですね。

問50             問52
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.