問11 2022年9月学科

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文択一問題

生命保険の保険料等の一般的な仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.保険料は、大数の法則および収支相等の原則に基づき、予定死亡率、予定利率および予定事業費率の3つの予定基礎率を用いて算定される。

2.保険料は、将来の保険金・給付金等の支払い財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料で構成される。

3.所定の利率による運用収益をあらかじめ見込んで保険料を割り引く際に使用する予定利率を低く設定した場合、新規契約の保険料は高くなる。

4.保険会社が実際に要した事業費が、保険料を算定する際に見込んでいた事業費よりも多かった場合、費差益が生じる。

ページトップへ戻る
   

問11 解答・解説

生命保険料の仕組みに関する問題です。

1.は、適切。生命保険の保険料は、大数の法則や収支相等の原則に基づき、予定死亡率・予定利率・予定事業費率の3つの予定基礎率で計算されます。
予定死亡率 :一定年齢での年間死亡確率
予定利率  :保険料の運用予定利回り(予定利率が高いほど、保険料が安くなります)
予定事業費率:保険事業運営上の経費(人件費等)の割合

なお、大数の法則とは、ある試行を何回も行えば、確率は一定値に近づくという法則で、例えば、サイコロを何回も何回も振り続ければ、いずれどの目が出る確率も6分の1に近づくということです。
また、収支相等の法則は、保険契約者からの保険料の総額と予定運用収益との合計額(収入)が、保険会社の支払う保険金の総額と予定経費との合計額(支出)に等しくなる、ということす。

2.は、適切。生命保険の保険料の内訳は、主に将来の保険金を支払う原資である純保険料と、保険会社の必要経費である付加保険料に大別できます。

3.は、適切。予定利率とは保険料の運用予定利回りのことで、予定利率が低いほど、集めた保険料を運用しても低収益となる見込みであるため、保険料が高くなります

4.は、不適切。保険事業運営上の経費(人件費等)の割合(予定事業費率)が低くなれば、保険会社は今までよりも安い保険料で保険事業を運営できる見込みであるため、費差益が生じ保険料が安くなります

よって正解は、4.

問10             問12

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.