問9 2017年1月実技資産設計提案業務

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

下記<資料>に基づき、大原さんが土地(居住用ではない)を不動産会社に譲渡した場合の譲渡所得に係る所得税および住民税の合計額を計算しなさい。なお、<資料>に記載のない条件や復興特別所得税は考慮しないものとし、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

<資料>
・ 取得の日:平成23年(2011年)11月8日
・ 譲渡の日:平成28年(2016年)11月24日
・ 課税譲渡所得金額:2,300万円

[土地建物の譲渡所得に係る税率]
課税長期譲渡所得:所得税15%、住民税5%
課税短期譲渡所得:所得税30%、住民税9%

ページトップへ戻る
   

問9 解答・解説

土地の譲渡所得に係る所得税・住民税に関する問題です。

土地の譲渡所得は、所有期間が5年以内であれば短期譲渡所得(所得税30%・住民税9%)、5年を超える場合は長期譲渡所得(所得税15%・住民税5%)とされますが、所有期間は譲渡した年の1月1日時点が基準となります(復興特別所得税を含めると、所得税は短期30.63%、長期15.315%)。
本問では、平成23年11月8日に購入し、平成28年11月24日に売却していますが、売却(譲渡)した平成28年の1月1日時点での所有期間は4年間ですので、短期譲渡所得です。

課税譲渡所得額は2,300万円ですから、所得税・住民税の合計額は、
2,300万円×39%=897万円 です。

以上により正解は、897(万円)

問8             問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.