問15 2015年1月実技中小事業主資産相談業務

問15 問題文と解答・解説

問15 問題文

X社株式に関する次の記述(1)〜(3)について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1) 「類似業種比準価額は,事業内容が類似する複数の上場会社の株価を基に計算されます。X社の業種と類似する上場会社の株価が上昇している場合は,X社の類似業種比準価額の上昇要因となります」

(2) 「X社がAさんに役員退職金を支給した場合,利益金額を引き下げるため,類似業種比準価額を引き下げる効果はありますが,純資産価額を引き下げる効果はありません」

(3) 「類似業種比準価額の比準要素のうち利益金額を引き下げるために,使用していない機械装置を処分して除却損を計上する方法があります」

ページトップへ戻る
   

問15 解答・解説

株式評価額の引下げ対策に関する問題です。

(1) は、○。類似業種比準価額は、事業内容が同一・類似の複数の上場会社の株価を基に計算しますので、類似する上場会社の株価が上昇・下落すると、非上場会社の類似業種比準価額も比例して上昇・下落します。

(2) は、×。役員退職金を支給すると、会社の利益と純資産が減少しますから、類似業種比準価額・純資産価額のいずれに対しても、評価額の引き下げ効果があります。

(3) は、○。建物や機械を処分すると、老朽化したとはいえ、資産が消滅するため損失が出ます。このような固定資産の取り壊しによる資産損失(除却損)は、損金算入可能なため、利益金額を引き下げ、類似業種比準価額の引き下げ効果があります。

問14             目次に戻る

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.