問6 2014年9月実技中小事業主資産相談業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

Mさんが,Aさんに対して説明した次の記述(1)〜(3)について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1) 「 Aさんが,NISA口座ではなく特定口座(源泉徴収選択口座)を開設し,平成26年中に上場株式の売買を行った場合,その売却益に対しては10.147%の税率で源泉徴収されます」
 
(2) 「 Aさんが平成26年中にNISA口座を証券会社で開設した場合,同年中にNISA口座を他の金融機関で開設することはできません」
 
(3) 「サスティナブル成長率は,企業の内部留保と利益率をベースに,今後の成長率を予測する際に用いる指標です。サスティナブル成長率は,『総資産経常利益率(ROA)×(1−配当性向)』の算式で算出されます」

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

特定口座・NISA口座・サスィナブル成長率に関する問題です。

(1) は、×。源泉徴収有りの株式の特定口座で取引する場合、株式の売却代金から所得税・復興特別所得税と住民税を合わせて20.315%が源泉徴収されます。
 
(2) は、○。NISA口座は、複数の金融機関で開設できませんので、証券会社でNISA口座を開設すると、銀行や信金等の金融機関で口座開設はできません。
ただし、平成26年税制改正により、平成27年1月1日以降、1年単位でNISA口座を開設する金融機関の変更が可能となりました(変更する年にNISA口座に上場株式等を受け入れていない場合にのみ変更可)。
 
(3) は、×。サスティナブル成長率は、企業の今後の成長率を予測する指標で、以下の数式で表せます。
サスティナブル成長率=ROE×内部留保=ROE×(1−配当性向)
なお、ROA(使用総資本事業利益率)は、企業が所有している財産である、総資産を使って、どれだけ利益を上げられているかを示す指標です。

問5             第3問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.