問22 2012年9月実技資産設計提案業務

問22 問題文と解答・解説

問22 問題文

神田家のキャッシュフロー表の空欄(イ)に入る年間教育費の予測数値(学校給食費と学校外活動費も含めた学習費総額)を計算しなさい。なお、下記<条件>および<資料>のデータに基づいて計算することとする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこととする。

<条件:計算に当たって>
・ 長男の健太さんは公立中学から公立高校へ進学し、長女の真奈美さんは私立中学へ進学するものとする。
・ <資料>のデータ(教育費の数値)は、平成22年度から平成24年度まで変わらないものとする。
・ 平成25年度からの教育費については、キャッシュフロー表中に記載の変動率2%を加味することとする。
・ 初年度納付金については考慮しないこととする。
・ 計算過程では円単位まで算出し、解答については万円未満を四捨五入することとする。

<資料:中学校・高等学校の教育費(1人当たりの年間平均額)> (単位:円) 
 
(出所)文部科学省 平成22年度「子どもの学習費調査」

ページトップへ戻る
   

問22 解答・解説

複利計算に関する問題です。

(イ)は、5年後の教育費で、資料の教育費に、変動率2%の増加分を加えた金額です。
つまり、5年間の複利計算で資料の教育費より2%上昇した金額ということですね。

複利計算の計算式は、元金×(1+利率÷100)N乗 です(N=投資期間)

長男は公立高校に進学、長女は私立中学に進学予定ですから、
5年後の長男の教育費=393,464円×(1+2÷100)5乗
          =434416.0491502848≒434,416円
5年後の長女の教育費=1,278,690円×(1+2÷100)5乗
          =1411777.082243808円≒1,411,777円

よって、5年後の教育費=長男の教育費+長女の教育費
           =434,416円+1,411,777円=1,846,193円≒185万円

従って(イ)は、185

問21             問23
    ページトップへ戻る

    関連・類似の過去問

    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.