問1 2012年5月学科

問1 問題文と解答・解説

問1 問題文択一問題

ファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.金融商品取引業の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客からの株式投資の相談に関し、有価証券の勧誘を目的とせずに、市販の投資専門雑誌を示して株式投資の一般的なリスクを説明した。

2.生命保険募集人の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客からライフプランの相談があるときには、生命保険の募集・勧誘を目的とせずに、世帯主死亡時の必要保障額準備としての生命保険活用の一般的な効果を説明している。

3.宅地建物取引業の免許を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客の土地購入に係る相談に関し、隣接地所有者を明らかにするための登記簿・公図を法務局で調査し報告した。

4.税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客サービスの一つとして、国税庁のホームページを利用して顧客の所得税の確定申告書をその顧客に代わって作成している。

ページトップへ戻る
   

問1 解答・解説

FPの職業倫理と関連法規に関する問題です。

1.は、適切。金融商品取引業の登録を受けていないFPでも、顧客に対して、株式投資の一般的なリスクを説明することは可能です。

2.は、適切。生命保険募集人登録を受けていないFPでも、世帯主死亡時の必要保障額準備として、生命保険の一般的な効果説明は可能です。ただし、生命保険の募集行為を行うことはできません

3.は、適切。宅地建物取引業の免許を受けていないFPでも、顧客のために登記簿・公図を法務局で調査することは可能です。
登記簿・公図は、手数料を納付すれば誰でも法務局で閲覧し、写しを入手できます。

4.は、不適切。税理士資格のないFPは、顧客に対して、所得税の確定申告書の代理作成することはできません。

目次             問2
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.