問28 2012年1月実技資産設計提案業務

問28 問題文と解答・解説

問28 問題文

FPの米田さんは、住宅ローンの繰上げ返済について修さんから質問を受け、イメージ図を使ってその仕組みを説明した。修さんの住宅ローンを「期間短縮型」で繰上げ返済した場合のイメージ図として、最も適切なものはどれか。なお、繰上げ返済は元金部分に充当するものとし、図の網掛け部分()は繰上げ返済する元金部分または軽減される利息部分を表示している。


ページトップへ戻る
   

問28 解答・解説

住宅ローンの繰上げ返済に関する問題です。

住宅ローンの繰上げ返済方法には、期間短縮型と返済額軽減型の二つがあり、期間短縮型は、毎月の返済額はそのままで、住宅ローンの返済期間を短くする返済方法です。

本問のイメージ図のうち、1と3は、元金と利息を合わせた毎月の返済額が一定である、元利均等返済のイメージ図で、2と4は、元金部分の返済額が一定で、利息を合わせた毎月の返済額が段々減っていく、元金均等返済のイメージ図です。

設例より、修さんの住宅ローンは「元金均等返済」ですから、1と3は不適切。
2は、網掛け部分を繰り上げ返済することで、それ以降の返済期間が短くなっており、期間短縮型です。
4は、網掛け部分を繰り上げ返済することで、それ以降の毎月の返済額が少なくなっているため、返済額軽減型と考えることができます。

よって、正解は 2.

問27             問29
    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.