問24 2011年1月実技(資産設計)

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文

    藤原さんは、3年後に住宅ローンを利用して住宅を購入することを考えている。その際、いくら借入れが可能か、<資料1>と<資料2>に基づいて、FPの橋口さんに試算してもらった。その内容に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値を解答欄に記入しなさい。

    藤原さんは、毎月の返済額を10万円以内に抑えたいと考えている。ローン金利を2.8%とすると、<資料2>より、返済期間25年の場合の借入可能額は( ア )万円(万円未満四捨五入)、返済期間30年の場合の借入可能額は( イ )万円(万円未満四捨五入)となる。

    <資料1>
    [藤原家の住宅取得プラン]
    ・ 平成25年に購入およびローン返済開始
    ・ 返済期間は25年または30年、全期間固定金利、元利均等返済、ボーナス返済なし

    <資料2>
    [借入金額100万円当たりの返済額早見表(元利均等返済、毎月返済分)] (単位:円)

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

住宅ローンの借入可能額に関する問題です。

資料2より、ローン金利2.8%で返済期間25年の場合、借入金100万円に対する毎月の返済額は4,638円。
よって、借入金に対する毎月の返済額の割合は、100万円÷4,638円=215.61・・・
つまり、毎月の返済額の約215倍まで、借入可能ということです。
従って、毎月の返済額を10万円以内にした場合、
借入可能額=10万円×100万円÷4,638円=21561017.68≒2,156万円
従って(ア)は、2,156

同様に、ローン金利2.8%で返済期間30年の場合、借入金100万円に対する毎月の返済額は4,108円。
従って、毎月の返済額を10万円以内にした場合、
借入可能額=10万円×100万円÷4,108円=24342745.86≒2,434万円
従って(イ)は、2,434

問23                   問25〜27(資料)
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.